• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • facebook
  • YouTube

群馬県立渋川女子高等学校にて出前授業を行いました

All Articles

令和2年12月16日(水)に,本研究所の佐藤美由紀教授と堀居拓郎准教授が,群馬県立渋川女子高等学校にて出前授業を行いました。
佐藤教授は「お父さんのミトコンドリアは要らない?!ミトコンドリア遺伝子がお母さんからだけ受け継がれる仕組み」と題し,普通の遺伝子は両親から子供へと受け継がれるが,ミトコンドリア遺伝子はなぜか母親からだけ遺伝するという不思議な現象を中心にミトコンドリアにまつわる研究を紹介しました。
また,堀居准教授は「生命の萌芽を操るバイオテクノロジー 発生工学」と題し,クローン,キメラ,ゲノム編集動物など,生殖細胞や受精卵に対して,遺伝子操作などを加えて新しいものを生み出す学問である発生工学について解説しました。

敷居が高いと思われがちな専門的な研究を短時間ではありますがわかりやすくお話をさせていただきました。生徒さんのアンケートでは「ゲノム編集おもしろそうです」「自分の身体に興味がわいてきた」などのコメントが寄せられました。
また,女性研究者のキャリアパスについても紹介し「働く女性,素敵だなと思った」との感想も聞くことができました。

コロナ禍において対面式の講座開催が難しい状況ですが,このたびは感染防止策を講じたうえで,無事に授業を行うことができました。高校のご協力に感謝し,これからも本研究所の活動をより身近に感じていただけるよう情報発信をしていきたいと考えております。

     

PAGE TOP