• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

細胞のpHが胚発生を駆動するメカニズムを発見

荻沼政之(群馬大学生体調節研究所、ハーバード大学医学大学院)、播磨有希子(ハーバード大学医学大学院)、Oscar A. Tarazona(ハーバード大学医学大学院)、Margarete Diaz-Cuadros(ハーバード大学医学大学院)、Arthur Michaut(ハーバード大学医学大学院)、石谷太(群馬大学生体調節研究所、大阪大学微生物病研究所)、Fengzhu Xiong(ハーバード大学医学大学院)、Olivier Pourquié(ハーバード大学医学大学院)

概要

エネルギー代謝は生命現象の中心であり、様々な分野で研究は進んでおります。しかしながら、動物の体づくり(胚発生)におけるエネルギー代謝の役割はほとんど分かっていませんでした。我々は過去の研究において、動物胚後端部(尾芽領域)で解糖系が勾配を形成し、Wnt/β-カテニンシグナル経路の勾配形成を促がすことで、胚の後方パターン形成を制御することを明らかにしましたが、その分子詳細は不明のままでした(Oginuma et al.,Developmental cell, 2007)。本研究は、細胞内pHが仲介因子と働く事を突き止めました。我々はニワトリ胚の尾芽領域と、ヒトiPS細胞から分化誘導したヒト尾芽細胞の細胞内pHを測定した結果、解糖系の下流でアルカリ性pHの勾配が形成される事を発見しました。さらに、細胞内pHのアルカリ化がβ-カテニンのアセチル化修飾反応を促進する事で、Wntシグナル経路を制御する事を解明致しました。同様の細胞内pHのアルカリ化はガン細胞においても観察されます。ガン細胞は発生の代謝プログラムが再活性化された状態であるという考えがありますが、本研究はまさにその証拠を提示した研究です。

原著情報

Intracellular pH controls WNT downstream of glycolysis in amniote embryos. Masayuki Oginuma, Yukiko Harima, Oscar A. Tarazona, Margarete Diaz-Cuadros, Arthur Michaut, Tohru Ishitani, Fengzhu Xiong & Olivier Pourquié. Nature.2020 Jun 24 doi: 10.1038/s41586-020-2428-0. Online ahead of print.

オンラインURL

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32581357/

研究室URL

https://signal-system.imcr.gunma-u.ac.jp/

 

PAGE TOP