• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

糖尿病の悪化のカギを握る新たなタイプのβ細胞を発見

深石貴大1,2, 中川祐子1, 福中彩子1, 佐藤隆史1, 原 朱美3,4,5, 中尾啓子5, 斉藤美知子6,7, 河野憲二6, 宮塚 健3,4, 田蒔基行8, 松久宗英8, 松岡孝昭9, 山田哲也2, 綿田裕孝3,4, 藤谷与士夫1* (1. 群馬大学生体調節研究所 分子糖代謝制御分野;2. 東京医科歯科大学代謝内分泌学; 3. 順天堂大学代謝内分泌内科学; 4. 順天堂大学先進糖尿病治療学;5. 埼玉医科大学生理学;6. 奈良先端科学技術大学院大学;7. 京都薬科大学バイオサイエンス研究センター;8. 徳島大学先端酵素学研究所;9. 和歌山県立医科大学第一内科学. *責任著者)

概要

今回、分子糖代謝制御分野の深石貴大院生、中川祐子助教、藤谷与士夫教授らは、順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学等との共同研究で、これまでに報告されているβ細胞とは性質が異なる特殊なβ細胞を発見しました。
研究チームは、インスリンを産生するβ細胞が遺伝子発現プロファイルの異なる7つの亜集団から構成されることを明らかにしました。さらにこれら亜集団の中に、PP細胞と遺伝子発現プロファイルが近い、「Ppy系列β細胞」が存在することを明らかにしました。この系列のβ細胞は高血糖への反応性が低い一方で、高血糖ストレスに強く、その結果、いくつかの種類の糖尿病モデル動物の膵島において、その割合が著増することを見出しました。本研究は、β細胞の多様性に関する新たな情報をもたらすとともに、糖尿病発症および増悪メカニズムの一端を解明する成果と考えられ、今後、新たな糖尿病治療の開発につながる可能性があります。

原著情報

“Characterisation of Ppy-lineage cells clarifies the functional heterogeneity of pancreatic beta cells in mice” Diabetologia誌(The Journal of European Association for the study of Diabetes:英国), 公開日:2021年9月9日

オンラインURL

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34498099/

研究室URL

http://tou-taisha.imcr.gunma-u.ac.jp/

PAGE TOP