• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス アクセス

代謝疾患医科学分野

教授:白川 純
jshira*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
https://diabetes.imcr.gunma-u.ac.jp/

メンバー

教授:白川 純
准教授:佐藤 幸市
准教授:石田 恵美
助教:井上 亮太
助教:松永 耕一
技術職員:萩原 慶彦
博士研究員:都野 貴寛
博士研究員:雷 暁
研究支援者:福島 説子
研究支援者:青木 典子
研究支援者:五十嵐 奈都味
事務補佐員:村井 芙柚実
大学院生(博士課程):鶴本 明日香
大学院生(修士課程):エスター オン ヤジマ
特別研究学生(博士課程大学院生):西山 邦幸
学部学生(MD-PhDコース):小幡 裕介
学部学生(MD-PhDコース):松村 あんず
学部学生(MD-PhDコース):王 曄子
学外共同研究員:平野 久

教授:白川 純 准教授:佐藤 幸市 准教授:石田 恵美 助教:井上 亮太 助教:松永 耕一 技術職員:萩原 慶彦教授:白川 純 准教授:佐藤 幸市 准教授:石田 恵美 助教:井上 亮太 助教:松永 耕一 技術職員:萩原 慶彦教授:白川 純 准教授:佐藤 幸市 准教授:石田 恵美 助教:井上 亮太 助教:松永 耕一 技術職員:萩原 慶彦●81298129

研究内容

基礎研究の成果を実際の臨床に応用していくには多くの課題があり、「死の谷」と呼ばれています。特に、糖尿病・代謝疾患は、全身の臓器が相互に関与し複雑な病態を形成しています。私たちの研究室は、分子や細胞レベルから病態にせまる「ボトムアップ」のアプローチと、疾患や現象から分子機序を掘り下げていく「トップダウン」のアプローチとの、双方からのアプローチにより、糖尿病・代謝疾患の病態解明および治療法開発へ向けたトランスレーショナルリサーチを展開しています。

現在進行中のプロジェクト

  1. ヒト膵島における膵α細胞および膵β細胞機能と量の制御
  2. 代謝疾患における炎症や臓器連関の役割
  3. 疾患モデルとヒトにおける代謝臓器の病態形成機構
  4. 医療ビックデータやヒト遺伝学からのリバーストランスレーショナルリサーチ
  5. ドラッグリポジショニング

キーワード

膵β細胞、ヒト膵島、バイオマーカー、液性因子、組織連関、細胞複製、細胞死、脱分化・分化転換、糖尿病、肥満、脂肪肝、内臓脂肪炎症

主要論文

  1. Arai M. et al. (2023) Thyroid. 33(7):804-816.
  2. Shirakawa J (2022) Cell Rep. 41(1):111436.
  3.  Miyashita D. et al. (2022) iScience. 25(12):105662.
  4. Inoue R. et al. (2022) iScience. 25(7):104603, 2022.
  5.  Shirakawa J. et al. (2020) Diabetologia. 63(3):577-587.
  6.  Ji Y. et al. (2019) Nat Immunol. 20(6):677-686.
  7.  Jungtrakoon P. et al. (2019) Diabetes. 68(5):1084-1093.
  8.  Arai M. et al. (2018) Diabetes Care. 41(9):e130-e132.
  9. Kawamori D. et al. (2017) Diabetologia 60(8):1442-1453.
  10.  Shirakawa J. et al. (2017) Cell Metab. 25(4):868-882.

PAGE TOP