• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

代謝シグナル解析分野

北村近影HP用

教授:北村 忠弘
kitamura*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
http://taisha.imcr.gunma-u.ac.jp/index.html

メンバー

教授:北村 忠弘
講師:小林 雅樹
助教:河野 大輔
助手:橋本 博美
博士研究員:菊池 司
博士研究員:和田 恵梨
博士研究員:Winda Ariyani
研究補佐員:鈴木 裕子
研究補佐員:綿貫 有希
研究補佐員:志水 真菜
研究補佐員:宮下 聡美
大学院生(博士3年):池内 佑一
大学院生(博士3年):常岡 明加
大学院生(博士1年):田部井 容子
大学院生(修士1年):吉川 千遥
学内共同研究員:須賀 孝慶
学外共同研究員:本澤 訓聖

研究内容

糖尿病や肥満は心筋梗塞、脳卒中といった寿命に影響する疾患につながる危険性が高く、新しい治療法や予防法の開発が急務となっています。2型糖尿病は末梢臓器におけるインスリン抵抗性と、インスリンを分泌する膵β細胞の障害が合わさって発症しますが、最近の研究ではグルカゴンを分泌する膵α細胞の障害や中枢(脳の視床下部)における障害もまた、糖尿病の原因になることが分かってきました。そこで私たちはインスリン抵抗性、膵β細胞、膵α細胞、視床下部を標的にして、主に疾患モデル動物を用いた研究を行っています。糖尿病や肥満が発症する分子メカニズムを明らかにし、これらの疾患に対する新しい予防法や治療法の開発に結びつけることを目指しています。

現在進行中のプロジェクト

  1. 疾患モデル動物を用いた2型糖尿病や肥満の病態の解明
  2. α細胞と膵β細胞の制御メカニズムと、その破綻が糖尿病に関わる機序の解明
  3. 脳視床下部における摂食とエネルギー代謝調節メカニズムの解明と、それを用いた肥満治療への応用
  4. 寿命と代謝を制御する共通の分子機構の解明と、それを基盤としたメタボリック症候群に対する対策法の開発

キーワード

糖尿病,肥満,インスリン,グルカゴン,遺伝子改変動物,膵β細胞,膵α細胞,視床下部,代謝,寿命

主要論文

  1. Kobayashi M. et al. (2021) J Diabetes Investig 12: 286-289.
  2. Kohno D. et al. (2020) Endocr J 67: 523-529.
  3. Kobayashi M. et al. (2020) Endocr J 67: 903-922.
  4. Suga T. et al. (2019) Mol Metab.19:1-12.
  5. Matsui S. et al. (2018) Nat Communi 9: 4604-4620.
  6. Miyachi A. et al. (2017) Anal Bioanal Chem 409: 5911-5918.
  7. Sasaki T. et al. (2014) Diabetologia 57: 819-31.
  8. Kitamura T. (2013) Nat Rev Endo 9: 615-23.

PAGE TOP