• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • HOME
  • 公募情報
  • facebook

公募情報

(締切10/20必着)(分子糖代謝制御分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(分子糖代謝制御分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/30130

2017.09.19

(締切10/20必着)(個体統御システム分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(個体統御システム分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/29137

2017.09.19

(締切10/20必着)(募集期間延長)(ゲノム科学リソース分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(ゲノム科学リソース分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/29626

 

 

2017.09.19

(締切10/13必着)(個体統御システム分野)博士研究員の募集について

博士研究員の募集について(個体統御システム分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/30029

 

2017.09.07

(締切10/6必着)(ゲノム科学リソース分野)准教授の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 ゲノム科学リソース分野准教授 公募要項

1.募集内容
職名・人員 准教授・1名
所属 生体調節研究所
2.採用予定年月日 平成30年2月1日
3.任  期     5年
任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は,任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)
4.組織概要    生体調節研究所は,内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として,メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い,高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回,当研究所附属生体情報ゲノムリソースセンター・ゲノム科学リソース分野にてエピジェネティクス領域の研究者でゲノム編集を用いた哺乳類の発生工学技術開発研究の遂行可能な准教授1名を公募します。また着任後はゲノムリソースセンターの管理運営業務にも中心的に関わっていただくことになります。
5.職務内容    生体調節研究所所附属生体情報ゲノムリソースセンター・ゲノム科学リソース分野において,次に掲げる業務を中心的に行う准教授の職務
(1)生体情報ゲノムリソースセンターの管理運営業務
(2)ゲノム編集やエピジェネティクスを利用した哺乳類の発生工学技術開発研究を行う。
(3)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(4)その他,群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務
6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
勤務形態 専門業務型裁量労働制(8:30~17:15を基本とし,労働者の決定に委ねる)
休日等    土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上,交通機関利用者・自家用車等利用者に限る),住居手当,扶養手当等
社会保険 国家公務員共済組合,労働保険等に加入
※詳細は本学教職員就業規則に基づく
7.応募資格等  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)エピジェネティクス分野の研究者でゲノム編集を用いた哺乳類の発生工学に関する技術開発にたけていること。また,共同利用施設の管理運営に積極的に関われること。
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者
8.応募期限  平成29年10月6日(金)必着
9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には,面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については,後日連絡します。
(3)選考結果は,平成30年1月末までに郵送で通知する予定です。
10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内,コピー可,A4サイズで送付)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通,1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式,論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD,DVD,USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式・業績リスト)は添付ファイル参照
別紙様式1~4
業績リスト(エクセル)
11.書類送付先
〒371−8512前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所ゲノム科学リソース分野准教授選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「ゲノム科学リソース分野准教授応募書類在中」と朱書きし,書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。
12.その他    群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。また,グローバル化の推進に貢献できると認められる場合,外国人の採用も積極的に進めます。
13.問合せ先    群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※ 応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり,この目的以外に利用,ないし他に提供することはありません。

2017.09.06

(締切9/22必着)(脳病態制御分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(脳病態制御分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/29924

2017.09.04

(募集期間終了)(ゲノム科学リソース分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(ゲノム科学リソース分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/29626(募集期間終了)

 

2017.08.22

(募集期間終了)(個体統御システム分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(個体統御システム分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/(募集期間終了)

2017.08.19

(募集期間終了)(個体統御システム分野)助教の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所
個体統御システム分野 助教 公募要項

1.募集内容  職名・人員 助教・1名
所属 生体調節研究所 個体統御システム分野

2.採用予定年月日 平成29年11月1日以降

3.任  期     5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は,任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要    生体調節研究所は,内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として,メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い,高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回,個体統御システム分野の助教1名を募集します。

5.分野概要  個体統御システム分野では,モデル動物を用いたin vivo cell biologyと生化学を用いて,「動物組織の形態形成と恒常性を支える未知の分子システム」の探索・解析を行っている。現在,以下の研究プロジェクトを進めている。
1)発生ロバストネスと組織恒常性を支える「異常細胞排除システム」の解析
2)組織の形態形成,恒常性,代謝機能を支えるWntシグナルの制御機構の解析
3)神経変性疾患,代謝疾患,がんにおけるリン酸化酵素NLKの機能解明と,それを基盤とした治療法の開発

6.職務内容    生体調節研究所において,次に掲げる業務を中心的に行う助教の職務。
(1)内分泌・代謝学に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他,群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

7.待遇
給与  年俸制
労働日  月曜日から金曜日
休日等   土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上,交通機関利用者・自家用車等利用者に限る),住居手当,扶養手当等
※詳細は本学教職員就業規則に基づく

8.応募資格等  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)分子生物学あるいは細胞生物学における十分な知識と研究経験を有し、また、非哺乳類モデル動物を使ったシグナル解析・疾患解析にも積極的に取り組む意欲のある者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

9.応募期限  平成29年7月31日(月)必着

10.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には,面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については,後日連絡します。
(3)選考結果は,平成29年10月末までに郵送で通知する予定です。

11.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file(別紙)
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内,コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通,1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式,論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD,DVD,USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)(業績リストを含むExcel file)は添付ファイル参照
業績リストを含むExcel file
別紙様式1-4

12.書類送付先      〒371−8512前橋市昭和町三丁目39−15群馬大学生体調節研究所 個体統御システム分野 助教選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「助教応募書類在中」と朱書きし,書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

13.その他      群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。また,グローバル化の推進に貢献できると認められる場合,外国人の採用も積極的に進めます。

14.問合せ先    群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp
研究内容に関する問い合わせは、個体統御システム分野の担当教授 石谷 太(E-mail: ishitani@gunma-u.ac.jp)までお願いします。

※応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり,この目的以外に利用,ないし他に提供することはありません。

2017.07.26

(募集期間終了)(締切5/31必着)(脳病態制御分野)技術補佐員(パート)の募集について

技術補佐員(パート)の募集について(脳病態制御分野)詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/25380

2017.04.07

(募集期間終了)(締切2/28必着)(脳病態制御分野)技術補佐員(パート)の募集について

 

2017.02.01

(募集期間終了)(締切2/17)技術補佐員(パート)の募集について(代謝エピジェネティクス分野)

技術補佐員(パート)の募集について(代謝エピジェネティクス分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/23527

 

2017.01.20

(募集期間終了)(締切2/17必着)(分子糖代謝制御分野)博士研究員の募集について

博士研究員の募集について(分子糖代謝制御分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。

http://www.gunma-u.ac.jp/information/23457

 

 

2017.01.13

(募集期間終了)(締切2/10必着)(代謝エピジェネティクス分野)助教の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 助教 公募要項

1.募集内容
職名・人員 助教・1名
所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日
平成29年4月1日

3.任  期
5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は,任期の定めのない教員となります。(不適   格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要
生体調節研究所は,内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、内分泌・代謝疾患の研究を行い,高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回,代謝エピジェネティクス分野(稲垣研究室)の助教1名を募集します。当分野では、エピゲノムとエネルギー代謝との関係に注目し、生理的な環境応答機構や生活習慣病発症の詳細な分子機構の解明を目指しています。

5.職務内容
生体調節研究所において,次に掲げる業務を中心的に行う助教の職務。
(1)転写・エピゲノム解析、代謝解析等の手法を用いて、環境応答の生理機構や生活習慣病発症の分子機構を解明するための研究を推進する。細胞やマウスを用いた実験を実施する。
(2)上記に関連した学生教育や、群馬大学および生体調節研究所の運営に関わる業務を行う。

6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等      土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上,交通機関利用者・自家用車等利用者に限る),住居手当,扶養手当等※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限
平成29年2月10日(金)必着

9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には,面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については,後日連絡します。
(3)選考結果は,平成29年3月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び(業績リストを含むExcel file)
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内,コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)(様式任意)
(6)推薦書2通,1通は現所属以外からとする(様式任意)
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式,論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD,DVD,USBなどの記憶媒体

※応募書類(別紙様式)(業績リストを含むExcel file)は添付ファイル参照
別紙様式1-4
業績リストを含むExcel file

11.書類送付先
〒371−8512
前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所助教選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「助教応募書類在中」と朱書きし,書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他
群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。また,グローバル化の推進に貢献できると認められる場合,外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※応募書類に記載された個人情報は,選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり,この目的以外に利用,ないし他に提供することはありません。

2016.12.16

(募集期間終了)新設分野教授の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 新設分野教授 公募要項

1.募集内容
職名・人員 教授・1名
所属 生体調節研究所
2.採用予定年月日 平成29年4月1日
3.任  期    5年
任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)
4.組織概要    生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、退職教授の後任として新規分野を開設し、当研究所にて新しい視点と解析技術をもち、世界レベルで内分泌・代謝学等に関連する先進的基礎医学研究を遂行可能な実力のある教授1名を公募します。特に、モデル生物(酵母、線虫、ショウジョウバエ、マウスなど)を用いて、内分泌・代謝学の基本原理を探求する次世代研究(「モデル生物解析分野教授」と仮称)を推進できる研究者を求めます。
5.職務内容    生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う教授の職務。
(1)内分泌・代謝学に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。
6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等   土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
※詳細は本学教職員就業規則に基づく
7.応募資格等  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特にモデル生物(酵母、線虫、ショウジョウバエ、マウスなど)を駆使して、内分泌・代謝学の基本原理に関連する研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者
8.応募期限  平成28年12月9日(金)必着
9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には、面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成29年3月末までに郵送で通知する予定です。
10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式・業績リスト)は添付ファイル参照
別紙様式1-4
業績リスト(エクセル)
11.書類送付先
〒371−8512 群馬県前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所新設分野教授選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「新設分野教授応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。
12.その他      群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。
13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※ 応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外に利用、ないし他に提供することはありません。

2016.10.24

(募集期間終了)技術補佐員(パート)の募集について(分子糖代謝制御分野)

技術補佐員(パート)の募集について(分子糖代謝制御分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.gunma-u.ac.jp/information/21307

2016.10.06

(募集期間終了)技術補佐員(パート)の募集について(脳病態制御分野)

 技術補佐員(パート)の募集について(脳病態制御分野)
詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.gunma-u.ac.jp/information/21060

2016.10.05

(公募期間終了)(脳病態制御分野)助教の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 助教 公募要項

1.募集内容
職名・人員 助教・1名
所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日
平成28年10月1日

3.任  期
5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要
生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、脳病態制御分野の助教1名を募集します。

5.職務内容
生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う助教の職務。
(1)生体調節の主軸である神経・内分泌・免疫系の統合的理解に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等   土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等
次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)神経・内分泌・免疫系の統合的理解に関連する基礎医学研究を推進できる者。とりわけ、イメージングやプログラミング技術に精通した者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限
平成28年7月29日(金)必着

9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には、面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成28年9月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする。
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)は添付ファイル参照
別紙様式1-4
Form2 List of Publications(業績リストエクセル)

11.書類送付先
〒371−8512 前橋市昭和町三丁目39−15群馬大学生体調節研究所助教選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「助教応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他
群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外に利用、ないし他に提供することはありません。

2016.05.16

(公募期間終了)(分子糖代謝制御分野)助教の公募について

1.募集内容
職名・人員 助教・1名
所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日
平成28年8月1日

3.任  期
5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要
生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、分子糖代謝制御分野の助教1名を募集します。

5.職務内容
生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う助教の職務。
(1)内分泌・代謝学に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等      土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等
次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限  平成28年5月30日(月)必着

9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には、面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成28年7月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)は添付ファイル参照
別紙様式1-4
Form2 List of Publications(業績リストエクセル)

11.書類送付先
〒371−8512前橋市昭和町三丁目39−15群馬大学生体調節研究所助教選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「助教応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他
群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外に利用、ないし他に提供することはありません。

2016.05.16

(公募期間終了)新設分野教授の公募について

1.募集内容  職名・人員 教授・1名

所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日 平成28年10月1日

3.任  期     5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要    生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、退職教授の後任として新規分野を開設し、当研究所にて新しい視点と解析技術をもち、世界レベルで内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を遂行可能な教授1名を公募します。特に、エピジェネティクス、メタボローム、腸内細菌、マイクロRNA等に関する次世代研究(「ポストゲノム情報解析分野教授」と仮称)を推進できる研究者を求めます。また、着任後、新たな分野名を設定し、助教1名の採用が可能です。
※本公募では国内外の優秀で意欲のある研究者を広く募集いたします。奮ってご応募ください。

5.職務内容    生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う教授の職務。
(1)内分泌・代謝学に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

6.待遇
給与   年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等      土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)
年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等  次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特にポストゲノム情報解析に関連する研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限  平成28年5月20日(金)必着

9.選 考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者には、面接・プレゼンテーションを行っていただきます。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成28年9月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書 (別紙様式1)
(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)は添付ファイル参照
別紙様式1-4
Form2 List of Publications(業績リストエクセル)

11.書類送付先      〒371−8512前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所新設分野教授選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「新設分野教授応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他      群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先    群馬大学昭和地区事務部総務課研究所庶務係 金子
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

※応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外に利用、ないし他に提供することはありません。

 

 

 

 

2016.04.06

事務補佐員(非常勤・産休・育休代替)の募集について

1.雇用期間
平成27年11月16日~平成28年3月31日(年度契約)
※大学が必要と認めた場合,更新することができる。
※最長雇用期限 平成29年3月31日

2.採用者数
1名

3.職  種
事務補佐員(非常勤・時間雇用)

4.業務内容
管理運営課研究所会計係における事務補助
(PCによる書類作成,電話対応等)

5.応募資格
高校卒業以上又はそれと同等の学力を有する者
パソコン操作(Word,Excel,PowerPoint等)ができること

6.労働条件
(1)労働時間  8時30分~15時30分までの6時間勤務(週30時間)
(終業時間後に引き続き、超過勤務をお願いすることがあります)
(2)労働日   月~金(祝日,年末年始(12/29~1/3)を除く)
(3)就業場所  群馬県前橋市昭和町3-39-22 群馬大学昭和地区事務部管理運営課研究所会計係
(4)休暇    年次有給休暇あり
(5)給与    時給900円,本学規則により通勤手当支給,賞与・退職金なし
(6)その他   健康保険・厚生年金・労働保険に加入,定年年齢:65歳

7.応募要領
・履歴書(自筆・写真貼付)を下記書類提出先まで郵送願います。
・書類選考のうえ,面接の日時等を連絡いたします。
・10月29日(木)に面接を予定しています。

8.応募締切
平成27年10月23日(金)12:00必着

9.書類提出先
〒371-8511
群馬県前橋市昭和町3-39-22
群馬大学昭和地区事務部総務課人事係 高柳 宛
※封筒に、「管理運営課事務補佐員応募」と記載

10.問い合わせ先
業務内容について 027-220-8825 管理運営課研究所会計係
労働条件について 027-220-7717 総務課人事係

11.その他
提出していただいた書類は、採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。
なお、応募書類は原則として返却しませんので、予めご了承願います。

2015.10.19

新設分野教授の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 新設分野教授 公募要項

1.募集内容
職名・人員 教授・2名
所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日
平成28年4月1日

3.任期
5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要
生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、退職教授の後任として新規分野を開設し、当研究所にて新しい視点と解析技術をもち、世界レベルで内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を遂行可能な教授2名を公募します。特に、1)摂食調節に関わる神経系や、慢性炎症に関わる免疫系など、臓器・組織間の機能調節を統合的に司る生体調節系の研究(「多臓器連関分野教授」と仮称)、および2)内分泌・代謝学における高次機能細胞の調節、分化、再生などに関わる研究(「高次機能細胞制御分野教授」と仮称)を推進できる研究者を求めます。また、いずれの新任教授も、着任後、新たな分野名を設定し、助教1名の採用が可能です。

5.職務内容
生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う教授の職務。
(1)内分泌・代謝学及び関連する神経系・免疫系の先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

6.待遇
給 与 年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3) 年次有給休暇あり
手 当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等
次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特に多臓器連関、
高次機能細胞制御に関連する研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限
平成27年11月27日(金)必着

9.選考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者に対し、面接・プレゼンテーションを行います。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成28年2月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書(別紙様式1)
(2)業績目録(別紙様式2)
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をPDFファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)はこちらからダウンロードできます。別紙様式1-4
応募の際は、「多臓器連関分野教授」または「高次機能細胞制御分野教授」のいずれに希望するか、記入していただいて結構です。複数の選択も可能とします。

11.書類送付先
〒371−8512
前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所新設分野教授選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「新設分野教授応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他
群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 田中
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

 

2015.10.15

外国人教員の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 外国人教員公募要項

  1. 募集内容
    職名・人員 助教・1名
    所属 生体調節研究所
  2. 採用予定年月日
    平成28年1月1日
  3. 任期
    5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)
  4. 組織概要
    生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。平成28年度からの第3期共同利用・共同研究拠点研究においては、海外研究機関との密接な交流・連携を行い、グローバルな研究展開を目指しています。今回、この研究計画を遂行できる外国人助教1名を募集します。
  5. 職務内容
    生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う助教の職務。
    (1)内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を推進する。
    (2)海外研究機関と相互交流を構築し、連携強化を推進する。
    (3)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わることがある。
  6. 待遇
    給 与 年俸制
    労働日 月曜日から金曜日
    休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3) 年次有給休暇あり
    手 当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
    ※詳細は本学教職員就業規則に基づく
  7. 応募資格等
    次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
    (1)日本以外の国籍を有する者
    (2)博士の学位を有する者
    (3)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者
    (4)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者
  8. 応募期限
    平成27年11月2日(月)必着
  9. 選考
    (1)書類審査(一次選考)を行います。
    (2)一次選考通過者に対し、面接・プレゼンテーションを行います。
    ※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
    (3)選考結果は、平成27年12月上旬までに郵送で通知する予定です。
  10. 応募書類
    (1)履歴書 (別紙様式1)
    (2)業績目録 (別紙様式2)
    (3)科学研究費助成事業(科研費)等の受給状況(別紙様式3)
    (4)代表論文の別刷(3編以内、コピー可)
    (5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(2,000字程度)
    (6)連携可能な海外研究機関名と具体的な研究交流計画(1,000字程度)
    (7)推薦書(様式任意)又は応募者の教育・研究業績について照会が可能な者のリスト(2名以内。所属、氏名と連絡先)
    (8)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
    ※応募書類(別紙様式)はこちらからダウンロードできます。別紙様式1-4
  11. 書類送付先
    〒371−8512
    前橋市昭和町三丁目39−15
    群馬大学生体調節研究所外国人教員選考委員会委員長宛
    ※応募封筒の表には必ず「外国人教員応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
    ※応募書類は返却しません。
  12. その他
    群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。
  13. 問合せ先
    群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 田中
    電話027−220−8822(直通)
    E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

2015.10.15

テニュアトラック助教の公募について

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 テニュアトラック教員公募要項

1.募集内容

職名・人員 テニュアトラック助教・1名

2.任  期

平成27年12月1日から平成31年3月31日

任期中の研究教育業績を生体調節研究所テニュアトラック普及推進室で評価し、適格と判断された場合は、群馬大学の専任教員に採用されます。

3.概  要

テニュアトラック制は、任期付雇用による若手研究者が自立した研究環境で研究者・教育者としての経験を積み、審査によって専任教員(テニュアポスト)となるキャリアパスを提供する制度です。任期中又は任期終了までに、優れた業績を上げ適格と認められた場合は、群馬大学の専任教員として新たに採用されます。

このほかに研究室の整備や研究の立ち上げのために、スタートアップ資金として平成27年度に600万円を配分し、平成28年度は研究費として200万円を配分します。また、約40m2(研究室、実験室)スペースを用意します。ただし、研究費及びスペースの配分は、文部科学省の予算措置及び研究教育業績評価等によって変動する可能性があります。

テニュアトラック教員は、生体調節研究所や生体情報ゲノムリソースセンター等に設置されている共通機器を利用することが可能です。また、メンター(学内のベテラン教員)、アドバイザー(学内外の関連領域の専門家)によって多面的に支援します。

4.職務内容

生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行うテニュアトラック助教の職務。

(1)内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を国際的に推進する。

(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わることがある。

5.待  遇

給 与 年俸制

労働日 月曜日から金曜日

休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)年次有給休暇あり

手 当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)住居手当、扶養手当等

※詳細は本学教職員就業規則に基づく

6.応募資格等

次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する若手研究者を求めます。

(1)博士の学位を有する者

(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特に多臓器連関、エピジェネティクス、再生医学に関連する研究を推進できる者

(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

7.応募期限

平成27年9月14日(月)必着

8.選  考

(1)書類審査(一次選考)を行います。

(2)一次選考通過者に対し、面接・プレゼンテーションを行います。

※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。

(3)選考結果は、平成27年10月下旬までに郵送で通知する予定です。

9.採用予定日

平成27年12月1日

10.応募書類

(1)履歴書(別紙様式1)

(2)業績目録(別紙様式2)

(3)科学研究費補助金等の受給状況(別紙様式3)

(4)代表論文の別刷(3編以内、コピー可)

(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負 (2,000字程度)

(6)推薦書(様式任意)又は応募者の教育・研究業績について照会が可能な者のリスト(2名以内。所属、氏名と連絡先)

(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)

※応募書類(別紙様式)はこちらからダウンロードできます。別紙様式1-4

11.書類送付先

〒371−8512 前橋市昭和町三丁目39−15

群馬大学生体調節研究所テニュアトラック教員選考委員会委員長宛

※応募封筒の表には必ず「テニュアトラック教員応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。

※応募書類は返却しません。

12.問合せ先

群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 田中

電話027−220−8822(直通)

E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

13.そ の 他

群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

 

2015.08.10

未来先端研究機構 技術補佐員(パート)の募集について

1.職種 技術補佐員(非常勤)
2.勤務場所 群馬大学未来先端研究機構(群馬大学生体調節研究所内)
〒371-8512 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号
3.勤務内容 生物学実験の補助
4.採用予定数 1名
5.学歴 大学卒業程度の学力を有する方
6.資格 ウェスタンブロット,PCRなどの生物学実験の経験を有する方を優先採用します
(採用後習得できますので,必須ではありません) 7.身分 非常勤(パート職員)
8.雇用期間 採用決定後,できるだけ早い時期から平成28年3月31日まで
※任期は年度契約で,大学が必要と認めた場合,更新することができます
(最長雇用期間:平成32年3月31日まで)
9.勤務時間 週15~24時間未満で,勤務曜日・時間は応相談
10.給与手当 国立大学法人群馬大学非常勤職員就業規則による
【給与】時給900円(毎月末締の翌月17日払)
【手当】通勤手当(通勤2km以上の交通機関利用者及び自家用車利用者に限る)
超過勤務手当(時間外労働を命ぜられた場合)
11.休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29~翌年1/3),年次有給休暇あり
12.選考方法 書類選考の上,必要に応じて面接を実施。
面接のための交通費は自己負担とする。
13.応募締切 平成27年6月30日(火)必着
※応募者多数の場合,早期に募集を終了することがあります。
14.応募方法 ・履歴書(様式自由。e-mailアドレスを記入。顔写真を貼付)
・抱負と自己アピール(A4用紙1ページ以内)
15.応募書類送付先(eメールまたは郵送)
群馬大学未来先端研究機構 吉田(TEL:027-220-8882)
〒371-8512 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号
メールアドレス:satoshi at gunma-u.ac.jp(atは@に変換してください)
メールは件名に,郵送の場合は封筒に「未来先端研究機構(パート応募)」と記載
16.その他
提出していただいた書類は,採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく第三者への開示,譲渡及び貸与することは一切ありません。
なお,応募書類は原則として返却しませんので,予めご了承願います。
※定年年齢:65歳

 

2015.05.20

平成27年度の共同研究拠点による共同研究の公募を開始

平成27年度 内分泌・代謝学共同研究拠点共同研究の公募を開始しました。
http://www.imcr.gunma-u.ac.jp/activity/activity3
〆切り 2月20日(金)17時必着

2015.01.28

群馬大学生体調節研究所 遺伝生化学分野 ポスドク募集のお知らせ

【募集内容】

当研究室では、研究員(ポスドク)を1名募集しています。マウス個体や培養細胞を用いた、遺伝学、生化学、細胞生物学的な研究を行う予定です。明るく情熱をもって研究を進められる方を募集します。
Homepage: http://molend.showa.gunma-u.ac.jp/
募集人数: 1名
任  期: 単年度契約(更新可)
着任時期: 応相談
待  遇: 群馬大学の規定に基づく給与を支給
応募資格: 博士号取得者
提出書類: (1) 履歴書(市販のもので可、写真貼付) 1通
(2) 研究業績(様式任意) 1通
(3) これまでの研究の概要とアピールポイント(様式任意、A4用紙1,2枚 1通)
(4) 推薦状または照会先(1名以上)
公募期間: 随時。ただし、適任者が決まり次第締切ります。
選考方法: 書類選考の後、面接またはセミナーを予定しています。

【書類提出先】

〒371-8512 前橋市昭和町3丁目39-15
群馬大学生体調節研究所 遺伝生化学分野 泉 哲郎
電話: 027-220-8856 FAX: 027-220-8860
e-mail: tizumi@gunma-u.ac.jp

2015.01.08

PAGE TOP