• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

組織・実施体制

組織

生活習慣病解析センター

センタ−長 北村 忠弘 教授(兼任)

ゲノム・エピゲノム解析研究ユニット

  • 畑田 出穂 教授(ユニット長)
  • 荒川 浩一 教授

代謝機能解析研究ユニット

  • 北村 忠弘 教授(ユニット長)
  • 泉  哲郎 教授
  • 佐藤  健 教授
  • 倉林 昌彦 教授
  • 村上 正巳 教授

↓

群馬大学

  • 医学系研究科
  • 保健学研究科
  • 理工学研究院

秋田大学

  • 生体情報研究センター
  • 医学系研究科

名古屋大学

  • 環境医学研究所

本プロジェクトの実施体制

生活習慣病の成因、病態解明とそのトランスレーショナルリサーチのためのオール群馬大学、秋田大学、名古屋大学との連携研究体制

マウス疾患モデル

  • 視床下部特異的FoxO1,Sirt1,ATF3遺伝子改変マウス(北村)
  • 過食モデルマウス
  • TRH欠損マウス(山田)
  • 肝特異的HNF4欠損マウス(井上)
  • 脂肪肝モデルマウス
  • PDIP1,DP1欠損マウス(山田)
  • INPP4欠損マウス(佐々木)
  • グルカゴン欠損マウス(林)
  • GIP受容体欠損Akitaマウス(山田)
  • インスリン分泌遺伝子改変マウス(泉)
  • SCD1,Elovl6欠損マウス(横山)
  • FABP4,5欠損マウス(倉林)
  • ApoE欠損マウス(村上)
  • 脂肪蓄積関連遺伝子改変マウス(泉)
  • 肥満モデルマウス(北村)
  • プロトン感受性受容体欠損マウス(岡島)
  • 喘息モデルマウス(土橋)
  • プロトン感受性受容体欠損マウス(岡島)
  • GIP受容体欠損マウス(山田)
  • SHIP欠損マウス(佐々木)

線虫モデル

  • コレステロール代謝関連遺伝子改変線虫(佐藤健)
  • タンパク質可視化線虫(佐藤健)
  • 各種疾患モデル線虫の作成(佐藤健)

その他の研究リソース

  • cAMP,Ca2+シグナル可視化技術(小島)
  • 細胞老化、DNA損傷ストレス解析技術(山下)
  • 慢性炎症、タンパク分解系解析技術(徳永)
  • ヒトの血管内皮機能、脈波伝搬速度計測(村上)
  • 酸化型、還元型グルタチオン測定系(土橋)
  • ハイスループットGPCRリガンドスクリーニング系(武田)
  • LC/MS/MS, MALDI-TOFによる質量分析技術(和泉)
  • 生体膜リン脂質の質量分析技術(佐々木)
  • グルコースクランプ法(北村)
  • in vivo心機能解析法(倉林)
  • 転写因子とエピゲノム修飾解析法(佐藤隆)
  • 消化管内分泌細胞単離技術(林)
  • ショウジョウバエRNAiライブラリースクリーニング(山崎)

エピゲノム解析技術

エピゲノム解析技術(畑田)

生体調節研究所の研究リソース

生体調節研究所の研究リソース(北村)

トランスレーショナルリサーチ

  • 臨床検体を用いた研究成果の検証(村上)
  • 小児期の貴重な検体を用いた研究成果の検証(荒川)
  • 小児生活習慣病のエピゲノム解析(荒川)
  • 磁化率強調核磁気共鳴画像を用いた検証(対馬)
  • GLP1作動薬投与ヒト検体を用いた解析(山田)

研究者間の関係を中心とした役割分担

研究者間の関係を中心とした役割分担

PAGE TOP