• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • HOME
  • News
  • Research
  • 喘息重症化の抑制機構の解明 ~エキソフィリン5が喘息の重症化を防ぐ~
  • facebook

喘息重症化の抑制機構の解明 ~エキソフィリン5が喘息の重症化を防ぐ~

All Articles

本研究所の遺伝生化学分野の奥西勝秀講師,泉哲郎教授らの研究グループは,国立病院機構東京病院,理化学研究所,東京大学などとの共同研究で,IL-5やIL-13の主要な産生細胞を同定し,更に,この細胞において,エキソフィリン5と呼ばれる蛋白質が,IL-5およびIL-13の過剰な産生を抑制していること,すなわち,エキソフィリン5が,喘息の重症化を防ぐ方向に作用していることを明らかにしました。将来,この作用経路を標的とした,喘息の重症化を予防する新しい治療法の開発が期待されます。

雑誌名:「Journal of Clinical Investigation」(4月2日オンライン)
タイトル:”Exophilin-5 regulates allergic airway inflammation by controlling IL-33-mediated Th2 responses”
著者名:Katsuhide Okunishi*, Hao Wang, Maho Suzukawa, Ray Ishizaki, Eri Kobayashi, Miho Kihara, Takaya Abe, Jun-ichi Miyazaki, Masafumi Horie, Akira Saito, Hirohisa Saito, Susumu Nakae and Tetsuro Izumi*

詳しくはこちらをご覧ください → 20200407 Exo5 press release HP-final

PAGE TOP