• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • HOME
  • News
  • Research
  • 特定の遺伝子のスイッチを操作して疾患モデル動物を作製
  • facebook

特定の遺伝子のスイッチを操作して疾患モデル動物を作製

All Articles

本研究所のゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授らのグループが,エピゲノム編集を応用し,狙った遺伝子のみのスイッチをオンにすることにより,シルバーラッセル症候群の疾患モデルを作製することに成功しました。この技術により,遺伝子のスイッチの異常により起こる疾患の基礎研究や治療開発に利用が可能と期待されます。

雑誌名:「Genome Biology」(4月1日(英国時間)オンライン)
タイトル:”Successful generation of epigenetic disease model mice by targeted demethylation of the epigenome”
著者名:Takuro Horii, Sumiyo Morita, Shinjiro Hino, Mika Kimura, Yuko Hino, Hiroshi Kogo, Mitsuyoshi Nakao, Izuho Hatada*

詳しくはこちらをご覧ください → PRESS RELEASE(Hatada)final-homepage

PAGE TOP