• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • facebook

新設分野教授の公募について

All Articles

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 新設分野教授 公募要項

1.募集内容
職名・人員 教授・2名
所属 生体調節研究所

2.採用予定年月日
平成28年4月1日

3.任期
5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

4.組織概要
生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、退職教授の後任として新規分野を開設し、当研究所にて新しい視点と解析技術をもち、世界レベルで内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を遂行可能な教授2名を公募します。特に、1)摂食調節に関わる神経系や、慢性炎症に関わる免疫系など、臓器・組織間の機能調節を統合的に司る生体調節系の研究(「多臓器連関分野教授」と仮称)、および2)内分泌・代謝学における高次機能細胞の調節、分化、再生などに関わる研究(「高次機能細胞制御分野教授」と仮称)を推進できる研究者を求めます。また、いずれの新任教授も、着任後、新たな分野名を設定し、助教1名の採用が可能です。

5.職務内容
生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う教授の職務。
(1)内分泌・代謝学及び関連する神経系・免疫系の先進的基礎医学研究を国際的に推進する。
(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。
(3)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務。

6.待遇
給 与 年俸制
労働日 月曜日から金曜日
休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3) 年次有給休暇あり
手 当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
※詳細は本学教職員就業規則に基づく

7.応募資格等
次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。
(1)博士の学位を有する者
(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特に多臓器連関、
高次機能細胞制御に関連する研究を推進できる者
(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

8.応募期限
平成27年11月27日(金)必着

9.選考
(1)書類審査(一次選考)を行います。
(2)一次選考通過者に対し、面接・プレゼンテーションを行います。
※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。
(3)選考結果は、平成28年2月末までに郵送で通知する予定です。

10.応募書類
(1)履歴書(別紙様式1)
(2)業績目録(別紙様式2)
(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)
(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)
(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)
(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする
(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)
(8)推薦書以外の上記様式、論文をPDFファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体
※応募書類(別紙様式)はこちらからダウンロードできます。別紙様式1-4
応募の際は、「多臓器連関分野教授」または「高次機能細胞制御分野教授」のいずれに希望するか、記入していただいて結構です。複数の選択も可能とします。

11.書類送付先
〒371−8512
前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所新設分野教授選考委員会委員長宛
※応募封筒の表には必ず「新設分野教授応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。
※応募書類は返却しません。

12.その他
群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

13.問合せ先
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 田中
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

 

PAGE TOP