• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • facebook

テニュアトラック助教の公募について

All Articles

国立大学法人 群馬大学 生体調節研究所 テニュアトラック教員公募要項

1.募集内容

職名・人員 テニュアトラック助教・1名

2.任  期

平成27年12月1日から平成31年3月31日

任期中の研究教育業績を生体調節研究所テニュアトラック普及推進室で評価し、適格と判断された場合は、群馬大学の専任教員に採用されます。

3.概  要

テニュアトラック制は、任期付雇用による若手研究者が自立した研究環境で研究者・教育者としての経験を積み、審査によって専任教員(テニュアポスト)となるキャリアパスを提供する制度です。任期中又は任期終了までに、優れた業績を上げ適格と認められた場合は、群馬大学の専任教員として新たに採用されます。

このほかに研究室の整備や研究の立ち上げのために、スタートアップ資金として平成27年度に600万円を配分し、平成28年度は研究費として200万円を配分します。また、約40m2(研究室、実験室)スペースを用意します。ただし、研究費及びスペースの配分は、文部科学省の予算措置及び研究教育業績評価等によって変動する可能性があります。

テニュアトラック教員は、生体調節研究所や生体情報ゲノムリソースセンター等に設置されている共通機器を利用することが可能です。また、メンター(学内のベテラン教員)、アドバイザー(学内外の関連領域の専門家)によって多面的に支援します。

4.職務内容

生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行うテニュアトラック助教の職務。

(1)内分泌・代謝学の先進的基礎医学研究を国際的に推進する。

(2)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わることがある。

5.待  遇

給 与 年俸制

労働日 月曜日から金曜日

休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)年次有給休暇あり

手 当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)住居手当、扶養手当等

※詳細は本学教職員就業規則に基づく

6.応募資格等

次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する若手研究者を求めます。

(1)博士の学位を有する者

(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特に多臓器連関、エピジェネティクス、再生医学に関連する研究を推進できる者

(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

7.応募期限

平成27年9月14日(月)必着

8.選  考

(1)書類審査(一次選考)を行います。

(2)一次選考通過者に対し、面接・プレゼンテーションを行います。

※面接・プレゼンテーション等の詳細については、後日連絡します。

(3)選考結果は、平成27年10月下旬までに郵送で通知する予定です。

9.採用予定日

平成27年12月1日

10.応募書類

(1)履歴書(別紙様式1)

(2)業績目録(別紙様式2)

(3)科学研究費補助金等の受給状況(別紙様式3)

(4)代表論文の別刷(3編以内、コピー可)

(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負 (2,000字程度)

(6)推薦書(様式任意)又は応募者の教育・研究業績について照会が可能な者のリスト(2名以内。所属、氏名と連絡先)

(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)

※応募書類(別紙様式)はこちらからダウンロードできます。別紙様式1-4

11.書類送付先

〒371−8512 前橋市昭和町三丁目39−15

群馬大学生体調節研究所テニュアトラック教員選考委員会委員長宛

※応募封筒の表には必ず「テニュアトラック教員応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。

※応募書類は返却しません。

12.問合せ先

群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 田中

電話027−220−8822(直通)

E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

13.そ の 他

群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

 

PAGE TOP