• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

細胞構造分野

佐藤健写真

教授:佐藤 健
sato-ken*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
http://traffic.dept.med.gunma-u.ac.jp/

メンバー

教授:佐藤 健
准教授:佐藤 裕公
助教:諸岡 信克
博士研究員:佐々木 妙子
博士研究員:三枝 慶子
学振特別研究員(PD):前島 郁子
技術補佐員:小林 久江
技術補佐員:平井 里香
技術補佐員:阿久澤 共子
技術補佐員:瀬戸 真由美
大学院生(博士課程):小沼 亮介
大学院生(博士課程):森田 晶人
大学院生(修士課程):鈴木 絵美子
医学部生(MD-phDコース):磯部 いの八

研究内容

細胞内膜トラフィックは、いわゆるタンパク質の分泌や栄養の吸収等における物質輸送だけではなく動物個体における内分泌・代謝や神経伝達、個体発生のような高次生命機能においても必須の役割を果たしています。私たちの研究室では、線虫 C. elegans やマウスなどのモデル動物を駆使して内分泌代謝や動物の発生などの高次生命現象における細胞内物質輸送の生理的役割とその分子メカニズムの解明を目指しています。また、細胞内物質輸送の異常を起因とする様々な遺伝疾患の発症メカニズムとその治療法の開発を目指しています。

moltra

現在進行中のプロジェクト

  1. 低密度リポタンパク質 (LDL) の細胞内輸送の分子メカニズム
  2. 発生における細胞内物質輸送の新たな生理機能とその分子機構の解明
  3. 疾患原因膜タンパク質の小胞体局在化疾患の分子基盤の解明と創薬に向けた研究開発

キーワード

膜トラフィック,分泌,代謝,発生,C. elegans,マウス,受精,オートファジー,ミトコンドリア,小胞体

主要論文

  1. Saegusa. et al. (2018) J. Cell Biol. 217(6):2073-2085
  2. Sato et al. (2018) Nature Cell Biol. 20(1):81-91
  3. Sakaguchi et al. (2015)  Dev. Cell. 35(2):211-21.
  4. Hara T. et al. (2014)  Sci Rep. 11;4:6992.
  5. Saegusa K. et al. (2014)  Mol Biol Cell.  15;25(20):3095-104.
  6. Sato M. et al. (2014)  Development  141(6):1324-31.
  7. Sato M. and Sato K. (2011)  Science 334(6059):1141-4.

 

 

 

PAGE TOP