• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • facebook

地域貢献シンポジウムが開催されました

All Articles

群馬大学の地域貢献事業の一環として、生体調節研究所主催による地域貢献シンポジウムが 「生活習慣病研究の最前線 ~最新科学から健康寿命を考える~」と題して平成29年12月16日(土)に 群馬大学荒牧キャンパスミューズホールにおいて開催されました。 峯岸研究担当理事のご挨拶に引き続き、本研究所の4名の講師が、それぞれの研究内容とその最新の知見について40分ずつの講演を行ないました。今回、群馬県全域や他県からも大勢の方々にご参加いただき、総勢90余名のとても盛況な会となりました。 各講師と演題は以下の通りです。
藤谷与士夫 教授(分子糖代謝制御分野) 『糖尿病・肥満にまつわる最近のトピックス』
山下孝之 教授(遺伝子情報分野)『細胞のストレス反応から考える老化とがん』
佐々木努 准教授(代謝シグナル解析分野)『食欲をコントロールする脳内メカニズム』
畑田出穂 教授(ゲノム科学リソース分野)『ゲノム編集が革命を起こす』
  

  

 

PAGE TOP