• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス
  • HOME
  • 新着情報
  • 社会・地域貢献
  • 群馬大学PR本『新時代への視点〜群馬大学研究室から』(群馬大学教員107名による共著.2006年10月、上毛新聞社刊)
  • facebook

群馬大学PR本『新時代への視点〜群馬大学研究室から』(群馬大学教員107名による共著.2006年10月、上毛新聞社刊)

All Articles

群馬大学紹介PR本『新時代への視点〜群馬大学研究室から』(群馬大学地域連携推進室編)が発刊されましたが、この本は、群馬大学の教員107名が地元上毛新聞に連載した2つのコラム『群大だより』と『群大研究室から』百数十話から抜粋、改訂、編集したものです(A5版、全312頁)。
生体調節研究所の教員8名も執筆に参加し、最新の研究成果や関連事項についてわかりやすく紹介しています。

(生体調節研究所担当部分表題一覧)
1. 竹内利行 「長野パラドックスー長寿の秘訣は予防?」 287-289頁
2. 小島至 「移植医療から再生医療へ(上)—提供される臓器が不足」 290-292頁
3. 小島至 「移植医療から再生医療へ(下)—夢物語でない臓器再生」 293-294頁
4. 岡島史和 「スフィンクスの子どもー血液中でちょっかい出す」 295-297頁
5. 泉哲郎 「糖尿病とインスリン分泌—分子レベルで「仕組み」に迫る」 298-300頁
6. 穂坂正博 「コレステロールと分泌顆粒—多すぎても少なすぎてもダメ」 301-303頁
7. 石川巧一 「脳の炎症—バリアー機能の劣化防ぐ」 304-306頁
8. 戸村秀明 「私たちの体の中の酸性、アルカリ性の見張り役—健康を保つ新たな仕組みの解明を目指して」 307-309頁
9. 久保原禅 「森の恵みキノコー下等生物が作る抗がん物質」 310-312頁

『新時代への視点』表紙
(『新時代への視点』表紙)

PAGE TOP