• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

脳病態制御分野

Hayashi

教授:林(高木)朗子
hayashitakagi*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
medical-neuro.imcr.gunma-u.ac.jp

メンバー

教授:林(高木) 朗子
准教授:佐藤 幸市
助教:干場 義生
ラボマネージャー:中村 真弓
博士研究員:鈴木 紀光
博士研究員:和田 丈慶   
博士研究員:北原 陽介(学振PD)
技術補佐員:髙橋 香
技術補佐員:近藤 由美子
技術補佐員:細谷 絵美
大学院生(博士4年):白井 福寿(学振DC2)
大学院生(博士1年):小尾 紀翔
医学部生(MD-PhDコース):今井 啓之
医学部生(MD-PhDコース):梅沢 茉理
医学部生(MD-PhDコース):平賀 証人
医学部生(MD-PhDコース):佐藤 壮泰

研究内容

精神神経疾患の病態生理として、神経細胞におけるシグナル伝達や代謝異常がその責任病態として注目されはじめました。そこで普遍的な生体情報の受容伝達の破綻の1つの切り口として精神疾患を捉え、神経細胞を一つのモデルとして疾患関連シグナルを可視化すること、このようなシグナル異常が同定されたならば、同シグナルを軽減する化合物は新規の精神疾患治療候補薬になりうると考えています。このような生体調節研究に根差した神経科学・精神医学研究およびこれに立脚したトランスレーショナルリサーチに挑戦しています。

現在進行中のプロジェクト

  • Project#1 精神疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出(JST・さきがけプロジェクト)
  • Project#2 シナプス光遺伝学などの最先端イメージング技術を用いた精神疾患モデルマウスにおける疾患関連神経回路の可視化(AMED・革新脳プロジェクト)
  • Project#3 糖尿病と精神疾患の病態連関を制御する分子基盤の解明(学長裁量重点支援プロジェクト)

キーワード

精神疾患、多臓器円環、神経回路、シナプス、光遺伝学、2光子顕微鏡

主要論文

1.Hoshiba Y, Wada T, Hayashi-Takagi A. (2017) Front Neural Circuits 11, 1-12.
2.Shirai F, Hayashi-Takagi A. (2017) Psychiatry Clin Neurosci (In press).
3.Hayashi-Takagi A. (2017) Neurosci Res 114, 3-8.
4.Hayashi-Takagi A. et al. (2015) Nature 525(7569):333-8.
5.Hayashi-Takagi A. et al. (2014) Proc Natl Acad Sci USA 111(17):6461-6.

PAGE TOP