• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

代謝エピジェネティクス分野

Dr. Inagaki

教授:稲垣 毅
inagaki*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
http://epigenetics.imcr.gunma-u.ac.jp/

メンバー

教授:稲垣 毅
准教授:柴田 宏
助教:鈴木 智大
研究支援者:高橋 真希
研究支援者:林 真友子

研究内容

エピゲノムは、「ゲノムの塩基配列を変化させることなく遺伝子の発現を調節する機構」です。そのため、可塑性が高く環境応答に適した機構です。当研究室では、環境が体質として記憶されて生活習慣病の発症に至るまでのエピゲノム機構を研究しています。特に、ヒストン修飾に注目して研究をすすめており、核内受容体を含むタンパク質の複合体形成やクロマチン構造の変化を介して転写を制御する機構を解明してきました。今後も、生活習慣病治療の進歩に貢献することを目標として、細胞の分化やエネルギー代謝を調節する詳細な分子機構を手に取るように理解することを目指しています。

fig(J).jpg

現在進行中のプロジェクト

1. ヒストン脱メチル化酵素による転写制御機構の解明
2. 脂肪細胞の分化、形質転換を制御するエピゲノム機構の解明
3. ヒストンコードの網羅的解析
4. 核内受容体と内分泌FGFs

 

キーワード

エピゲノム、生活習慣病、エネルギー代謝、転写、クロマチン構造

主要論文

1. Inagaki T. et al. (2016). Nature Reviews Molecular Cell Biology 17(8):480-95
2. Abe Y. et al. (2015). Nature Communications 7;6:7052
3. Inagaki T. et al. (2009). Genes to Cells 14(8):991-1001
4. Inagaki T. et al. (2007). Cell Metabolism 5(6), 415-425
5. Inagaki T. et al. (2005). Cell Metabolism 2(4), 217-225

PAGE TOP