• /

群馬大学 生体調節研究所

アクセス

分子糖代謝制御分野

Fujitani

教授:藤谷 与士夫
fujitani*gunma-u.ac.jp
(*=@)
研究室のWebサイト
http://tou-taisha.imcr.gunma-u.ac.jp/index.html

メンバー

教授:藤谷 与士夫
准教授:佐藤 隆史
助教:福中 彩子
助教:中川 祐子
技術職員:当房 雅之
博士研究員:野口 東美
技術補佐員:須田 明日香
技術補佐員:田村 康子
医学部2年:西川 陽一郎

研究内容

膵β細胞や褐色脂肪細胞、腸管細胞の機能異常は、糖尿病やメタボリックシンドロームの原因となることが知られています。私たちの研究室では、糖代謝制御の要となる、これらの高次機能細胞の恒常性維持のしくみについて、分子レベルでの理解を目指しています。とくに、遺伝子改変マウスを駆使することにより、発生生物学、亜鉛シグナル、オートファジー、細胞極性の観点から、その恒常性維持機構の全容解明に取り組みます。これらの基礎研究を基盤として、病気の新たな発症メカニズムの解明と革新的な治療法の開発を目指します。
ホームページ ポンチ絵改訂版2 (J)

現在進行中のプロジェクト

  • 膵β細胞の発生・再生・脱分化からみた糖尿病の研究
  • 生活習慣病におけるオートファジーの機能解析
  • 脂肪細胞褐色化を制御する亜鉛トランスポーターの機能解析
  • 小腸上皮細胞の機能制御を司る分子の探索ならびに機能解析

キーワード

糖代謝、発生生物学、膵β細胞、オートファジー、遺伝子改変マウス、亜鉛、褐色脂肪細胞、糖尿病、細胞生物学、小腸上皮細胞

主要論文

  1. Shigihara N. et al. (2014) J Clin Invest. 124(8):3634-44.
  2. Sato T. et al. (2014) J Cell Sci. 127(Pt 2):422-31
  3. Tamaki M. et al. (2013) J Clin Invest. 123(10):4513-24
  4. Ebato C. et al. (2008) Cell Metab. 8(4):325-32
  5. Sato T. et al. (2007) Nature 448(7151):366-9.

PAGE TOP